のんびり とんママ子育て日記

挑戦中のオンライン英会話、育児で見つけた便利なグッツ紹介、2人の子育て生活を発信します

子供が産まれてから気づいた家具選びのポイント


f:id:tonmama:20181216221430j:plain

この記事では小さな子供がいる家庭の家具選びのポイントをまとめています。

 

結婚して夫と2人でお部屋探しに行って今の家に引っ越しをして一から家具を揃えましたが、今現在子供が2人いて思うこと。

2人で住んでた時は気づかなかったけど家具選びを間違えたかもしれない( ̄▽ ̄)

 

今強く思うのは

絶対に角が丸い家具を選んでたほうが良かった…

ということです。

 

うちには2才と0才の子供がいますが2才の息子は家の中を走り回りますし、0才の娘もはいはいが出来るようになってからは家の中を楽しそうに動いています。

 

うちの家具は角があるものばかりなのでコーナークッションを使って危なくないように保護していますが、私は家具に何か貼るのが好きじゃないです( ̄▽ ̄)

もうコーナークッションだらけで見た目が。。。

でももちろん子供の安全第一なので家にあるすべての角にコーナークッションを貼っています。

 

ということで私が子供と一緒に住んでいて気をつけた方が良いと思ったポイントを以下にまとめました。

 

 

家具の角があるものは選ばない

 

家具の角があるだけでいつ子供がぶつけるかと心配が増えます。ちゃんとしたコーナーガードをつければ良いのですが、うちの子はコーナーガードに興味を持って剥がそうとしていたことがあったので、「それは剥がさないで!」と余計に怒ることがないように家具の先は丸くない方がいいです。

 

こだわりのあるソファーはいらない

 

ソファーの隙間には子供がおもちゃをいれたり、食べかすが入ったりしますし、ベタベタした手で触ったり、ソファに乗って飛び跳ねたりとあらゆることが起こりますw

なので子供がまだ小さいうちは汚れても気にならない安いもので充分だと感じます。ソファーの下に小さな隙間があるとその下におもちゃを入れたりすることもあります。また子供が入れるくらいの隙間があるといつのまにか入っていたりするので注意が必要です。

 

ダイニングテーブルの椅子の背もたれの隙間に注意

 

ダイニングテーブルの椅子の背もたれの隙間が子供の頭が入るくらいの隙間だと挟まって危険です

うちの椅子は大丈夫でしたが、椅子の背もたれに頭を入れていたことがあったので、子供は何をするか本当に分からないですね。

 

小さい子供がいる家庭では必須のプレイマットやキッズマット

 

歩けるようになると転んで床に頭をぶつけたりすることが増えるのでマットがあると安心です。2才くらいになるとおもちゃをなげたりすることもあるので騒音防止や床の保護にもなりますし、冬場は冷えも防いでくれます。

 

まとめ

小さな子供がいるうちは子供最優先で考えた方が良いです。これから家具を買うなら間違いなく角が丸い家具を揃えたほうが、ストレスフリーです。

子供が安全で過ごせる我が家でありたいですね*\(^o^)/*